自分の中では一生懸命お客さんに喜んでもらおうとお仕事してても中々上手くいかなかったり、喜んでもらえなかったり、思い描いてた理想の仕上がりと違うなー。って時ってありますよね。

それって決して自分が悪いとか練習不足なんだとかお客さんとの相性が悪かったんだとかじゃないと思うんです。(もしかしたらちょっとあるかもしれないけど)

一生懸命やってない人は多分人のブログなんて読まないだろうからあえて、じゃないと思うと言いました。笑

じゃあなにが原因かというと、あくまで僕の見解ですが恐らく「自分の能力」や「他の人からどう見えてるのか」とか分かっていないんじゃないかと思うんです。能力っていっても車浮かせるとかテレパシー送れるとかそんなんじゃないですよ!笑

自分の才能の長所や短所の事です。

僕でいうと名刺にも書いてあるんですが二つの事をいっぺんに出来るような器用さがないのでカットやパーマ巻いてたりの施術中はそこに集中してしまうので喋りが疎かになってしまいます。元々話のネタが多い方でもないので…

それを自分でわかっているので何をしないといけないかというとカット技術をめっちゃ練習して仕上がりのクオリティで満足して頂けるようにしたり、お客さんの好みの雑誌や漫画をしっかり理解してそれを読んでもらっている間に施術を終わらせるよう「工夫」をするんです。他にも沢山工夫は出来ると思いますけどね!

例えばシャンプーやマッサージがめちゃくちゃ気持ち良くてそれだけでも来たいと思ってもらえるレベルになるとか、カット中すげーパフォーマンス(踊りながら)切ってるとかだったら面白くてまた来たいと思われるかもしれません!

そうすると少しは自分の短所である「喋り下手」がカバーされるはずなんです。

しかし僕がこれをわかっていないでカットも遅いし、お客さんが全く興味ない雑誌とか読み終わってるのに気づかないでいたら??

どうなるかわかりますよね?

つまらないお店なのかな?他の人もこんな感じなのかな?と思われて100%近く失客してしまいます。

こんなはずじゃなかったのに。とならない為にはまず自分の長所や短所、能力を見つめ直してみると案外お客さんに喜んでもらう為には自分は何をしたら良いのかが見えてき易いのかもしれませんよ!

憧れや目標の人や先輩を追いかけるのは良い事だしモチベーションがあって素晴らしいですが、それは部分的に吸収させてもらうようにしてアナタはアナタの魅力を最大限に活かして仕事をした方がお客さんに喜んでもらえる確率が上がるって事です!

苦手な「技術」は練習して出来るようになれば良いだけですが、目に見えない「能力」は自分で気付かない限りは活かせませんから。

まあ喋りも出来れば良いのになー。って思いますけどね(^^;)僕には無理なんで「技術」やこの「顔」で満足してもらえるようもっと頑張ります!

共にレベルアップしましょう!

へばー^_^