and Rアンド アール

「and R」はヘアサロンロディーナが運営するスタイルアップ総合メディアです。

美容師がお伝えするノンシリコンシャンプーの正しい知識と使い方

横浜市大口の美容室rodina(ロディーナ)の杉崎です。

よくお客さまから「ノンシリコンシャンプーっていいの?」って聞かれます

美容師をしていてお客さまからよく聞かれる質問に、

 

「ノンシリコンシャンプーって良いんですか?」

「ノンシリコンシャンプーをつかってから、髪の毛がキシキシするようになった」

 

など数年前から、耳にするようになって、いまでは皆さんが普通に手にしている、『ノンシリコンシャンプー』

 

なんとなく髪や頭皮にいい感じがして使っている方、

良いのか悪いのかよくわからないけど、

使ってみているという方、けっこう多いと思います。

 

今日はノンシリコンシャンプーとはどんなものなのか、

ノンシリコンシャンプーが向いている髪質の方、向いていない髪質の方について

わかりやすく説明していきたいと思います。

 

ノンシリコンシャンプーとは?

ノンシリコンシャンプーとはどのようなシャンプーをさしているのかというと、

一般的なシャンプーに配合されているシリコンは、正式にはシリコーンと呼ばれていて、

シリコン(元素の1つであるケイ素)を科学的に合成処理した物。

 

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シロキ

 

などの成分があり、髪の毛のキューティクルを保護して、指通りをなめらかにする効果があります。

 

これらは、人体に対して刺激も少なく、安全性も高いので、化粧品や点滴や輸血のチューブなど医療の現場などでも使用されます。

 

シリコン=悪者というイメージが定着しつつありますが、シリコンを完全な悪役と考えない方が良いです。

 

「シリコンが頭皮に詰まって、薄毛や抜け毛の原因になる。」という説もありますが、

科学的な根拠はないというのが現状です。

 

ただし、シリコンは人工的に合成された物質なので、

自然界にでても微生物が分解してくれることはありません。

 

これによって、深刻な被害があるかどうかはまだわかってはいませんが、

少なからず環境への負担はありそうですよね。

 

環境保護の視点から見るとシリコンには短所がありますが、単純に悪者ではないのです。

 

ノンシリコンシャンプーと普通のシャンプーの違いは?

 

ノンシリコンシャンプーと普通のシャンプーの違いは、「シリコンを含んでいない」これです。

 

シャンプーにシリコンを入れる1番の理由は、髪の毛をコーティングして保護するためです。

 

ノンシリコンシャンプーには、そのシリコンが入っていないため、

別の人工物を配合して、手触りや仕上がりを良くする必要があります。

 

具体的にシリコンの代用として使われるのが、カオチン活性剤と呼ばれる物質があげられます。

 

成分表示には、

  • 塩化ベンザルコニウム
  • ステアラミドエチルアミン

などと、書かれています。

 

これらも、人体には悪影響はなく、柔軟剤などにも使用されている安全なものです。

 

このように、ノンシリコンとうたっていても、

完全な無添加やオーガニックという訳ではない場合が多いです。

 

ただ単にシリコンが入っていないからということに過剰に期待しない方がいいですね。

 

じゃあ、ノンシリコンシャンプーってメリットはあるの?ってなりますよね。

ちゃんとメリットはあります。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット、デメリット

メリット

ボリュームアップを期待できる

シリコンのコーティングがないので、ぺたんとなりにくく、髪本来のボリュームをだすことができます。

 

カラーやパーマが長持ちしやすくなる

コーティングがされてないので、薬剤の浸透がしやすくなる為、長持ちしやすくなります。

 

頭皮を健やか保てる

頭皮にシリコンの成分が残ることがないので、フケや痒みなどの頭皮トラブルを防げます。

 

デメリット

パサつきやキシキシ感が強くなる

これは、シリコンのコーティングがないので、当然と言えば当然なことなのです。

外部からの刺激に弱くなる

髪がシリコンで保護されていない為、ドライヤーの熱や紫外線のダメージを直接受けてしまうのです。

 

ノンシリコンシャンプーが向いている人、向いてない人

ノンシリコンシャンプーが向いている人

髪の毛が細くて毛量が多くない人、細い髪質の人は、シリコンのコーティングでペタッとなりやすいので、

自然なボリュームがでるノンシリコンシャンプーのほうが合います。

 

ノンシリコンシャンプーが向いていない人

毛量が多く、ボリュームが出やすい人。

シリコンのコーティングがないと、髪のボリュームが抑えられず膨らんでしまいます。

カラーやパーマの繰り返しでダメージが気になっている人

もともとダメージが強い人は、ノンシリコンだとダメージを進行させてしまいます。

 

まとめ

髪の毛や頭皮に優しいと人気が広がったノンシリコンシャンプーですが、

メリットデメリットを理解して、自分の髪質にあったものを選ぶことが大事です。

 

髪の毛の状態に合わせてシリコン入りのシャンプーを選ぶこともあります。

 

シャンプー選びに悩んだら、ぜひ美容師さんに気軽に相談してみてください。

横浜市JR大口駅から徒歩7分、青い扉が目印の美容室

rodina

ロディーナの外観画像

ご予約はWEBまたはお電話で。当日予約の方はお電話ください。

Tel. 045-439-2297

受付時間:10:00~19:00(カットの最終受付が19:00)/ 定休日:火曜日

今すぐWEB予約
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

Pick Up !

最新記事