and Rアンド アール

「and R」はヘアサロンロディーナが運営する、お洒落が大好きなママのためのスタイルアップ総合メディアです。

パーマが落ちてしまう原因とパーマスタイルの正しいケアの仕方

横浜市大口の美容室rodina(ロディーナ)の秋元です。

パーマが落ちてしまう原因

せっかくパーマかけたのにすぐ落ちてしまうのには原因があります!

もちろんパーマのかかりが弱かったりすることもありますが、家でのケアにも要因があります!

 

正しくケアすることでパーマの持ちを良くすることが出来ます!

なぜ、落ちてしまうのか?その原因について見ていきましょう!!

 

パーマをかけた日にシャンプー

これはよく聞くと思います。かけた日に美容師の人に「今日はシャンプーしないで下さい」と言われると思います!

これには理由があります!

 

パーマなど髪の毛を変形させるメニューは、かけた後に約48時間ほど不安定(とれやすく、形が変形しやすい)な状態が続きます。 

 

髪の毛はもともと弱酸性でパーマをするとアルカリ性に傾いてしまいます。

美容室では弱酸性に戻す作業があるのですが、時間が経つごとにアルカリ性にまた傾いてしまいます。

 

これは、どうしても残ってしまう残留アルカリ(薬の残りカス)が原因です。

 

しかし、空気の酸素で残留アルカリも酸化して効果がなくなります!!

この、残留アルカリが酸化して効果がなくなるまでの時間が約48時間ということです。

 

「今日はシャンプーしないで下さい」と言われるのも髪の毛が不安定な状態な時に濡らしたりドライヤーで伸ばしたりするのをなるべく控えてくださいねということです!!

 

決して48時間キッチリ守る必要はありません!

かけた日にシャンプーをしないのが大事です!!

 

また、スタイリング剤を仕上げでつけた場合はシャンプーでゴシゴシ洗わないようになるべくお湯だけで落とすようにする!

その後はトリートメントをつけてしっかり乾かしましょう!

※シャンプー剤もアミノ酸系の低刺激なシャンプーを使いましょう

 

目の細かいクシでとかす

これも不安定な状態で毛を引っ張ってしまうと、真っ直ぐになろうとするクセがついてしまいパーマが緩くなってしまいます。

とかしたい時は、なるべく目の粗いクシを使いましょう!

 

コテやアイロン

温度変化を髪に与えてしまうと、もとのパーマが崩れてしまうこともあります。

髪が不安定な状態のときは使わないのがおススメです!

 

紫外線

紫外線の影響でパーマがゆるんでしまうこともあります。

UV対策もしっかりしましょう!

 

自然乾燥

濡れたまま寝てしまうとキューティクルがはがれやすくないっているので、パーマが取れてしまったり、髪自体が傷んでしまいます!

乾かす時は、まずタオルドライからしっかりやりましょう。

 

ゴシゴシ拭いてしまうと摩擦で髪にダメージを与えてしまうので拭く時は、タオルで包むように揉み込むような感じで水気を取っていきます!

 

そして、トリートメント(洗い流さない)をつけてドライヤーで乾かします!

 

パーマがすぐ落ちてしまう要因としてはこのようなものがあります!!

ケアをする事でパーマが落ちにくくなるのとダメージを軽減できます。

 

乾かし方も重要

他によくあるのが、実はちゃんとパーマがかかっているのにうまく出せていない場合があります。

乾かし方によって、パーマが緩くなってしまうのでスタイリングはとても重要です!!

 

朝起きたら髪を濡らしてタオルドライ、トリートメントをしっかりしましょう!

濡らすことでパーマが出てきます。

 

ドライヤーを使ったパーマの乾かし方

まず大事なのはドライヤーの温度・風量を上手く使い分けることです!

1、温風+強風で根元から乾かしていきます。

毛先を持ち上げたりして根元にドライヤーを当てます。

なるべく下から上に向かって風が当たるようにしましょう!

※上から下に向けて乾かす時はカールが伸びてしまいます。

2、根元が乾いたら風を弱めて毛先を揉み込むような感じで風がを当てていきます。

一点に風が集中しないようにドライヤーも動かすのを忘れずに!

 

3、毛先を内側に向かってねじりながら乾かします。(指にクルクル巻きつけるような感じで)

この時、毛先を引っ張らないように注意してください。

※パーマをしっかり出したい時は、完全に乾かすのではなく、少し濡れている状態にしとくとよりパーマが出やすくなります。

 

4、仕上げは冷風・弱風に切り替えてカールの形を整えます。

この時も揉み込むような感じで風を当てていきます!

冷風を当てることで、カールにツヤと弾力を出すことができます!

 

5、最後はスタイリング剤。

ワックス、ムース、ジェルなど好みの仕上がりに合わせて付けていきます!

パーマのドライは、普通の乾かし方と少し違うので注意して乾かすことでパーマがしっかり出てきます!!

 

 

パーマが上手く出せない方は、この方法でやってみてください!

髪を濡らしてからやるのも大事です!髪質によってすぐ落ちてしまう方もいると思うので、その場合はかけ直してもらうのがベストです!!

横浜市JR大口駅から徒歩7分、青い扉が目印の美容室

rodina

ロディーナの外観画像

ご予約はWEBまたはお電話で。当日予約の方はお電話ください。

Tel. 045-439-2297

受付時間:10:00~19:00(カットの最終受付が19:00)/ 定休日:火曜日

今すぐWEB予約
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

Pick Up !

最新記事