and Rアンド アール

「and R」はヘアサロンロディーナが運営する、お洒落が大好きなママのためのスタイルアップ総合メディアです。

【長さ別】ヘアスタイル×イヤリング(ピアス)の最強な組合わせ

横浜市大口の美容室rodina(ロディーナ)の吉川(@rodinakikkawa)です。

 

先日の記事でショートヘアとイヤリング(ピアス)は相性が抜群にいいという記事を書きました。

こちらの記事です。

 

記事にも書いたように、ショートヘアとイヤリング(ピアス)の組み合わせは最強ですが、

ボブだってミディアムだってロングヘアだって、もちろんアレンジだってイヤリングやピアスでヘアスタイルは劇的にかわいくなります。

 

誰だって、なんとなくヘアスタイルが決まらないなって時、ありますよね。

そんな時はちょっと位スタイリングが上手くいかなくたっって、ヘアスタイルに合うイヤリングやピアスをするだけで一気にオシャレな印象になるんです。

 

そこで今回は髪の長さから選ぶイヤリング(ピアス)のデザインを紹介します。

 

そんな記事を書いてるボクはイヤリングはもちろんピアスもしていません。

美容師歴20年以上の経験と知識で書かせていただきます。

 

髪型とイヤリング(ピアス)には相性がある

とは言っても、なんでもかんでもつけたらいいのかと言うとそんなことはありません。

ヘアスタイルの髪の長さによって合う物も変わってきます。

 

髪の長さは大まかに以下の通りです。

  • ショート
  • ボブ
  • ミディアム
  • ロング

 

ヘアスタイルとイヤリング(ピアス)のデザインの相性は、バランスを考える事が重要となります。

鏡で確認する場合、耳だけを見るのではでなく顔全体のバランスを見るようにしましょう。

ショート

前回の紹介しましたが、耳が見えるシンプルなショートヘアはイヤリングやピアスがとっても映える髪型です。

小さくても色が濃かったりキラキラした存在感のあるイアリング(ピアス)、特にゆらゆらした動きのあるものや、動きがなくても形が大きくて目立つものなどをつけると一気におしゃれ感が出てきます。

ただ、シンプルなストレートのショートに、シンプルなスタッドピアスなど、無難な感じになりやいので気をつけてくださいね。

 

hair:三國屋

 

hair:三國屋

 

ボブ、ミディアム

この長さ髪形は、本当に色々なスタイルがあり、絶対におすすめというタイプがありません。

ヘアスタイルのシルエット全体を見ながら選ぶのがポイント。

 

しいて言うなら、ボブやミディアムは耳が隠れやすいので、そんな中でもリングのタイプやゆらゆらしたタイプの物は動きがあって目線が行くのでおすすめです。

 

hair:三國屋

 

 

hair:三國屋

 

ロングヘアー

髪形をアップにしてまとめるか、髪を下ろすかにより、選ぶイヤリング(ピアス)も変わります。

まとめ髪の場合は、ショートヘアに近い感じになるので、存在感のあるもの、ゆらゆらした動きのあるものや大きくて目立つものおすすめです。

髪を下ろす髪形の場合、耳にかけたりもするのでチェーンに飾りがついていてゆらゆら揺れる縦長のタイプのデザインがおすすめです。

 

hair:三國屋

 

hair:三國屋

 

このように、ヘアスタイルの長さによって合うデザインのアクセサリーがありますので、イヤリングやピアスを選ぶのに困ってる方にこの記事が参考になったら嬉しいです。

 

【番外編】ロディーナスタッフのヘアスタイル×イヤリング(ピアス)

ロディーナにもイヤリングやピアスをつけてるスタッフがいるのでどんな感じでつけてるのか、さらっと紹介しますね。

staff:佐川聖子

 

staff:佐川聖子


staff:佐川聖子

 

 

staff:佐川聖子

 

いづれもイヤリングですが、ショートのボブに大きめのシルエットのイヤリングが映えます。

 

 

こちらもイヤリングです、ミディアムヘアをゆるく巻いて簡単にまとめてキャップをかぶったスタイルです。

ミディアムではありますが、まとめてるのでショートヘアと同様に耳が見えるので、やはり大きめで揺れるデザインが似合います。

 

 

 

今すぐウェブ予約

 

 

横浜市JR大口駅から徒歩7分、青い扉が目印の美容室

rodina

ロディーナの外観画像

ご予約はWEBまたはお電話で。当日予約の方はお電話ください。

Tel. 045-439-2297

受付時間:10:00~19:00(カットの最終受付が19:00)/ 定休日:火曜日

今すぐWEB予約
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事